刈谷市近郊の競売、リフォームは鸛はうすと第一ガス商会

愛知県刈谷市小垣江町荒畑24

TOP >  鸛はうすグループとは

鸛はうすグループとは

■第一ガス商会の歴史を振り返り、そして鸛はうすを設立。

私が高1のときに父が亡くなり当時は百姓でした。その後、第一液化さんにお世話になり28歳の時に結婚し、第一ガス商会として商売を始めた当時は大変でした。

振り返れば、新築された住宅を見つけると、すぐにお伺いして「お願いします」と挨拶をしていました。40年前と比べると、同業は1/3に減ってしまいました。当社も創業時から苦しかったのですが、今まで銀行以外からお金を借りなかったのが自慢の1つです。

今はコンピュータ制御ですガス切れはまずありません。コンピュータ制御がない時代の特に寒い時期は予想以上のガスを使用することでガス切れが起こりました。そのため深夜でも緊急対応したことを覚えています。お客様のことを考え、ガス残量を管理するコンピューターシステムを近隣では先駆けて導入しました。そういえば、娘が小学4年生のときに会社を継ぎたいと言ってくれたことを今でも覚えています。

一番うれしかったことは、外で3年修行して経験を積んだ息子が会社を継ぐと決めてくれたことです。2011年まで妻と一緒にやってきたガス検針を今は息子夫婦が変わってお客様の生活を支えてくれています。

わたしのモットーは、「責任をもってお客さんを守る」ことです。ガス検針の時に「あなたが生きている限り守るからね」とおばあちゃんと話たり、第一ガスだよりで近況を伝えることで、お客様と家族ぐるみのお付き合いができればと思います。この想いはずっと大切にしたいと思います。

息子へ繋いだ第一ガス商会はリフォーム事業も充実してきました。そして娘も競売の専門家として加わったことで鸛はうすを設立しました。わたしたちの家族も様々なサービスを通じてお客様にお役に立てればと思います。

株式会社鸛はうす 代表取締役社長 山田 芳之

■第一ガス商会を今後どうしたいか

父から第一ガス商会を譲り受け、長年両親が行ってきたガス検針を夫婦で毎月定期的にお客様のもとへお伺いしています。わたしは原田商事さんで修行させていただき、より一層リフォームの工事力を高めていきたいと思います。

よくガス検針に伺うと、大きな工事会社さんには頼みづらい簡単な修理などの相談をよく聞きます。また、時には心ないリフォーム会社から驚くような工事代金で依頼して心を痛めたお客様から相談を受けることもあります。その時に、わたしたちはただのガス屋ではなくリフォームなど工事力があることを知ってもらえれば、父が普段から言っている「責任をもってお客さんを守る」ことにも繋がってくると思います。

その為には、より信頼のある会社に成長させる必要があります。例えば、時には様々な理由により工程表通りに行かない場合もあります。その時は誠意を持って嘘偽りなくお客様へ説明を行うことなど当たり前のことを行う事が信頼の1つであると考えます。

そして、お客様が安心して住まわれるようシックハウスなど化学物質を排除した家作りなどこだわりを持った提案をいたします。

家族ぐるみでお客様に寄り添っていきたいと思う所存です。

株式会社第一ガス商会 代表取締役 山田文康

バナー
バナー

Menu

鸛はうす 第一ガス商会

アクセスマップ

〒448-0813
愛知県刈谷市小垣江町荒畑24番地